1986 OMEGA TRIBE


1986年、前オメガトライブに在籍していた高島信二(ギター)、西原俊次(キーボード)に加え、新たに日系ブラジル人のカルロス・トシキ、菊池桃子、岩崎宏美のバックバンド(パイナップル・カンパニー)でギターを担当していた黒川照家を迎えて、プロデューサー藤田の第2弾プロジェクト『1986オメガトライブ』(ナインティーンエイティシックス - )としてデビュー。 1988年3月、黒川がバンドを脱退する。グループ名を『カルロス・トシキ&オメガトライブ』に変更する。 改名の理由として、「黒川が脱退した以上、1986オメガトライブではなくなった」ことと、「(1986という)ネーミングが古くなってきた」ことが挙げられている。 なお、改名に当たってスタッフとしては「もっとカルロスを全面に押し出したい」という意向があったが、本人たちは「あくまでも3人のバンドである」と考えていたため、スタッフの思惑通りにはいかなかったようである。 1988年7月、レコーディングにコーラスとして参加していたジョイ・マッコイが正式に加入する。 1990年、ワーナーパイオニアへ移籍(カルロス・トシキ&オメガトライブ名義で発売された全て楽曲は、原盤権がワーナーパイオニア(現・ワーナーミュー...

Related Artist

Top Tracks

comments powered by Disqus

© 2015 - 2021 YouMusic by YouProject